ロジスティクスの新たな展開を模索するラニイグループ RUNI 福井貨物自動車株式会社


安全への取り組み

運輸安全マネジメント

1.概要

運輸事業者における輸送の安全性を確保するため、その取り組みを強化することを目的として、「運輸の安全性の向上のための鉄道事業法等の一部を改正する法律」(通称、運輸安全一括法)が成立、平成18年10月から施行されました。
これによって、陸・海・空すべての運輸事業者が安全最優先の方針の下、経営トップから輸送現場まで一丸となった、経営トップ主導による適切な安全管理体制の構築を図ることを目的とした「運輸安全マネジメント」を実施していくこととなりました。
また、同時に、貨物自動車運送事業法が改正施行され、保有車両300両以上の貨物運送事業者に対し、「安全管理規程」の作成、「安全統括管理者」の選任、およびそれらを国土交通省に届出することが義務付けられました。当社ではそれに基づき、輸送の安全性のさらなる向上を図るため、安全管理規程を新たに作成し、安全統括管理者を選任しました。

運輸安全マネジメントのPDCA

2.当社の「安全管理規程」

規程の主な内容は、国土交通省の「ガイドライン」に則り、輸送の安全を確保するための、[1]事業の運営の方針、[2]事業の実施およびその管理の体制、[3]事業の実施およびその管理の方法、となっています。

安全管理規程(PDF)

3.輸送の安全に関する目標および達成状況(事故削減目標)

(1)平成29年度交通事故件数目標

[1]重大事故 0件
※重大事故とは、自動車事故報告規則第2条に規定する事故をいいます。
[2]責任事故 5件(特に、追突事故0件)
※責任事故とは、自車過失が20%超の事故をいいます。

(2)平成28年度交通事故件数目標の達成状況

[1]重大事故目標0件に対して、 0件
[2]責任事故目標5件に対して、11件

4.輸送の安全に関する重点施策(平成29年度)

(1)関係法令の遵守

運転者の法令遵守・安全意識の向上を図るとともに、管理者の法令遵守意識および管理能力の向上を図ります。

(2)社員教育の実施

5Sやエコドライブ等の活動を通して社員の安全意識の向上を図るとともに、車両事故防止教育を実施し、安全品質の向上を図ります。

(3)運輸安全マネジメント体制の確立と継続的改善

安全管理体制を整備・充実させ、安全に関する各種施策の検証と必要な改善を行うなど、安全性向上のためのPDCAサイクルを確実に実行し、事故削減につなげます。

5.輸送の安全に関する予算等の実績額

(1)平成28年度費用支出実績額
費用支出項目予算金額支出実績金額
安全講習会、巡廻指導等400,000円397,840円
幹線車両一斉交通検問360,000円329,960円
運転者適性診断100,000円88,500円
社外研修、社外会議・説明会等50,000円18,040円
無事故者表彰賞金等2,000,000円1,680,000円
無事故手当支給57,500,000円58,617,878円
運転記録証明書40,000円40,000円
安全担当専任者人件費(1名)5,000,000円5,000,000円
合計費用支出65,450,000円66,172,218円
(2)平成29年度費用支出予算
費用支出項目予算金額
安全講習会、巡廻指導等400,000円
幹線車両一斉交通検問360,000円
運転者適性診断100,000円
社外研修、社外会議・説明会等50,000円
無事故者表彰賞金等2,000,000円
無事故手当支給57,500,000円
運転記録証明書40,000円
安全担当専任者人件費(1名)5,000,000円
合計費用支出65,450,000円

福井貨物自動車株式会社

〒910-0843 福井市西開発3丁目204-3
TEL:0776-54-3000 FAX:0776-54-9910