TRYラニイの取り組み

ラニイフィロソフィ

経営理念を具現化するための指標として、2019年11月に「ラニイ・フィロソフィ」を策定しました。

こうした取り組みのきっかけとなったのは、社長の藤尾と会長の清水が、日本を代表する経営者の一人である稲森和夫氏主宰の『盛和塾』に参加したこと。管理職と共に「京セラフィロソフィ」「JALフィロソフィ」を学ぶ中で自社にもフィロソフィが必要だと考え、社内にワーキングチームを結成。7年かけてラニイ・フィロソフィを作り上げました。

 

このラニイ・フィロソフィは当社の行動指針であり、すべての行動、判断はこれに基づいて行われるものです。 そのため「ラニイ・フィロソフィ手帳」を従業員に配布し、毎日朝礼時にグループ内の一人が1項目読み、その内容について各メンバーが感想や気づきを発表する“輪読会”で内容についての理解を深め、実践に結び付けています。

フィロソフィ発表会

年1回開催されるフィロソフィ発表会では、リーダーが各店でのフィロソフィ輪読会の様子やフィロソフィを率先垂範している従業員について紹介しています。

社内木鶏会

月に1度、人間学の雑誌である「致知」を読んで感想文を書き、グループで意見交換し発表するという「社内木鶏会」を行なっています。そのグループワークで一番大事にするのが「美点凝視」です。

お互いの良いところをほめることで、お互いを認め、尊敬しあう雰囲気が社内に生まれています。これまであまり話をする機会がなかった従業員同士のコミュニケーションも活発になってきました。

ラニイフィロソフィを土台として、この社内木鶏会で、より人間力を高め、人として成長していくことが期待されます。この一人ひとりの成長をもとに会社全体の組織風土を高め、経営理念の実現に一歩一歩近づいていきたいと思っています。

ラニイ
フィロソフィ
こどもミュージアム
トラック
SDGs
女性活躍推進
5S
カイゼン活動
エコドライブ
活動
安全への取り組み
運輸安全マネジメント
その他の
取り組み・認証
PAGE TOP